高齢者向けバーチャル寺社詣でトレーニングマシン 35/100

健康維持やダイエット、筋トレなどに効果的なエアロバイク。リモートワークでなまった身体の運動不足解消のために自宅で導入する人が広がっています。トレーニングジムとかで自転車っぽいのにまたがって漕いでいる動かないマシンのことです。

そして、自転車ではなく、ランニングベルトのうえで歩いたり走ったりできるルームランナーとかランニングマシン。都会のトレーニングジムでは窓際においてみんながずらりと並んで走っているところを見せているアレです(笑)
さまざまなプログラムが用意されていて、初心者から本格的なランナーまで目的に合わせて利用できますし、最近では、家庭用にマンションでも静かに運動ができる安心モデルや、電源不要の自走式などができています。

ただ、私もトレーニングジムで利用したことがあるのですが、走っていても景色が変わらないので、テレビを見たり、音楽を聴いたりできるのですが、どうもあきてしまいます。
そんなこともあってか、バーチャルトレーニングが人気を集めています。ロードレーサー(本格的なバイク)向けの実写バーチャルトレーニングアプリ(RouvyとかZwiftなど)は、月1500円程度の会費で世界中の自転車レースコースをバーチャルに再現して、実際に行かなくてもリアルにそのコースを走れたり、リアルタイムにレースに参加できたりします。部屋の中にローラー台を設置して、自分のロードバイクに実際に乗って参加。ちゃんとデータも計測・蓄積できますから達成感たっぷりです。Zwiftによると2020年のツール・ド・フランスのバーチャル版では世界中から11万7000人が参加したそうです。
今では自転だけでなく、マラソン用のZwiftもできているようです。

そんなこんなでコロナ禍を機に室内トレーニング業界がどんどん進化していることがわかってきましたが、ここで一つ提案。
高齢者向けのトレーニングマシンでバーチャルに寺社詣でができるアプリケーションができればと。

歳をとると年々体力的・環境的にできなくなることが増えてしまいます。
旅行はそのさいたるものですね。
体力に自信がない、まわりに迷惑をかけるからためらう、現地についても歩くのはしんどい、などさまざまな要因から旅に出ること自体を躊躇してしまう方が非常に多いと思います。

自宅でも高齢者施設でもいいのですが、フィットネスバイクまたはウオーキングマシンで漕いだり歩いたりする距離に合わせて、お寺や神社の入り口から参道、そして本殿までをバーチャルに体験できるプロクラムで毎日参拝できるというのはどうかと。
単に景色のいい場所をめぐるというものいささか目的が薄いので、「参拝」という明確な目的とともに「体力づくり」を実現したい。そして、もう一度実際に旅行に行けるようになりたいというものです。

参拝できるお寺や神社は毎日変えてもいいし、毎日同じところでもできるようにする。できれば有名なところでなくても、その人に合わせて希望の寺社の映像が出てくれると嬉しいのですが。
そういう仕組みであれば、毎日のお賽銭代わりに月次使用料もいただきやすいサブスクモデルで行けそうな気がします。イメージとしてはジャパネットたかたまたは夢グループ(笑)で売りたいですね。

※新規事業100のカテゴリーは、私の思いつく観光系新規事業を日々書き留める場所。
 一緒にやれそうなときはぜひ声をかけてください。
 100までやります♪

タイトルとURLをコピーしました